解決事例

02.離婚・相続・後見

後見申立

事案

 父親が認知症になり,今後の財産管理もできないし,将来的には施設に入る必要も出てきたとの事情で,一人息子が,自分が後見人になりたいと希望した事案。

解決内容

 家庭裁判所に後見開始の申し立てを行い,こちらの希望通り,一人息子が後見人に就任した。

ページ上部へ