解決事例

カテゴリー別

03.悪質商法・投資被害

投資詐欺事件

事案

 依頼者(高齢の女性)が,投資詐欺の(外国為替証拠金取引)の被害に遭い,7000万円近くの損害を負った。その後,まもなく,投資詐欺を行った会社が倒産したため,担当者らの責任を追及する裁判を起こした事案

解決内容

 裁判では,全員の証人尋問を行い,担当者らの責任がすべて認められたが,担当者らは金がないなどとして任意に支払いをしなかった。  そこで,判決をもとに,動産執行(債務者の自宅にある動産類を差し押さえる手続)を申し立て,執行官とともに,担当者の自宅に行った。  担当者と,その妻と娘も在宅の中,高級時計などを差し押さえて,手続きが終了した。  その後,担当者から連絡があり分割払いの申し出があったため,これにより相当額を回収できた。

ページ上部へ