お知らせ一覧

2013年5月の記事一覧



先日,警視庁が,「振り込め詐欺」にかわる新名称を「母さん助けて詐欺」に決定したと発表しました。

初めて聞いたときは,ちょっと違和感がありましたが,時間とともに,だんだんと馴染んでいくのかもしれませんね。


もっとも,広くとらえれば,振込を利用した詐欺の中には,「投資まがい詐欺」のようなものもあります。

高配当をうたい,もっともらしい投資商法を装って資金を集めてはいるのですが,実際には,資産運用などはしておらず,結局,投資金が返してもらえない,というような種類の詐欺です。


さて,このような詐欺事件の場合に,弁護士に依頼をして,自分の大切な財産を取り戻すためには,時間もお金も労力も沢山かけなければならなくなってしまいます。ですから,まずは,このような詐欺に引っかからないことがとても大切です。

妙に高配当をうたっている場合や,たとえば,パンフレットが届いたときにタイミングよく,その銘柄の社債を買い取りたいので探している,というような電話がかかってくるような場合(劇場型の詐欺の可能性があります)には注意が必要です。また,金融庁等の監督官庁に届出をしていることを売りにしている会社などもありますが,それだけではまったく判断はできません。


このような詐欺は,他人ごとではありません。ある日突然,ターゲットにされることがあります。

大切な財産を守るために,各自,意識を持って,普段から気を付けましょう。


そんなにうまい話があるはずがないという気持ちでいるぐらいがちょうどいいかもしれませんね。






P5061488.JPG



ページ上部へ